Roses Forever 北欧デンマークで生まれたミニバラたち

北欧の国、デンマーク。優雅な自然環境のもと、のびのびと生まれ育つバラの数々。根強い人気は全てにおいて、完成度の高い証。洗練されたバラの魅力を存分にお楽しみください。


フォーエバーローズの魅力
ローゼスフォーエバーは、なぜ根強い人気を誇るのか。その理由はこのシリーズを一度手にとった人ならご納得いただける、優美なフォルム、迫力、色彩、そして何より安定した性質です。まるで作出者ローザの心を映し出す鏡の様に、彼女の手がける品種はどれもただ美しいだけでなく、品質的に常にベスト。
彼女は、幼い頃からバラを愛し、バラに触れ、今までに数多くの美しい品種を創り上げてきました。彼女の手にかかれば、まるで魔法がかかったかの様に実に見事な花たちが顔を覗かせるから驚きです。
花は瞬時にその人の心を読むことが出来る。フォーエバーローズはそんな彼女の美しさと同様に洗練され、その名の通り永遠に愛されるミニバラとして数多くの賞を受賞し、揺ぎ無い最高王座の貫禄で人々を魅了しています。




バラは私の人生。育種家 ローザ・エスケルン
 

バラに囲まれていると、毎日が幸せ。
バラは私の人生、そして情熱です。私は35年以上バラの仕事に携わってきました。バラたちに囲まれていると、毎日が幸せの日々なのです。
バリエーションが多く、そして優雅であるバラたち。例えば、大きく溢れんばかりの花をつけるもの、あるいは花弁数が少なくスッキリとしたシンプルな表情をもつもの−ミニマリストにとっては申し分のない− また明るい色、淡くやわらかな色、紫、赤、黄、そしてピンク。輝くような深い緑、または鮮やかな明るい緑の茎葉。香りを持つもの、鋭いトゲを持つものなど。
バラは私に幼少時代−砂浜に並ぶ香り豊かなバラたち−を思い起こさせてくれます。



バラは古典的でモダン。
どんな家にも、どんな庭にも似合う花なのです。

育種家としての仕事では、選択を強いられます。というのは、最も力強くそして最も美しいバラのみが、商品に成りえるのですから。そのため、大変多くのものを放棄せねばなりません。これが仕事の上で最もつらい点です。毎年、約15,000もの新品種の小さな芽が出ますが、その中でも500あまりだけが生育テストへと選ばれるのです。
バラに対するおもしろさは壮大です。誰でもバラのことは知っています。3歳の子供でさえ、バラが何であるのかを知っているのですから。バラは古典的で、と同時にモダンでもあります。そしてどんな家にも、またどんな庭にも似合う花でしょう。これが、私がバラを愛する理由であり、また私の人生を喜びで満たしてくれる理由なのです。



セントラルローズとの関係に
大きな喜びを感じています。

私はセントラル・ローズ社が Roses ForeverRのバラを生産すると選択されたことを大変誇りに思っています。私はバラを愛し、バラと仕事をするのが大好きです。そしてとりわけ、わくわくするような新しい色と姿の新品種を生み出すのが大好きです。私はセントラル・ローズ社によるForeverシリーズの生産そして販売のすばらしい功績に大きな喜びを感じています。ぜひとも、あなたのForever Roseを楽しんでください。


Roses Forever ローゼズ・フォーエバー社
 

1988年から続くRoses Forever社は、現在58,000屬良瀉呂鰺し、年間460万鉢を生産、その95%を欧州各地へ出荷している。2006年ヨーロッパ全土において、ミニバラ生産量第2位。流行に敏感で、新しい品種を常に開発・発表するスタイルが絶大なる人気を呼んでいる。ヨーロッパでも有数な指折りのナーセリー。



フォーエバー、それは永遠。
この花たちは、秘めた何かを持っている。
花がもたらす不思議な役割り。例えば人間関係が円滑になる潤滑油となったり、例えば人を思いやる人の心だったり、花のチカラは、私たちが想像するよりもっともっとたくさんの可能性を秘めています。




洗練されたバラの数々。
最高と名がつくには、理由がある。
 

ひとつひとつのクォリティの高さが、これぞまさにフォーエバーという品種の数々。レパートリーもたいへん豊富で、花形、色合い、花つき、どれをとって見ても見事な出来栄えです。その力強さはつぼみのときから現われています。キュッと引き締まった固いつぼみ。これが開いたときの花の勢いは、見る人を瞬時に魅了する永遠の神秘となります。フォーエバーシリーズは、そんな生命力の根源とも言えるエネルギーを惜しみなく表現する、豊かに満ち溢れた最高のバラなのです。

優雅な暮らしを、多彩な表情で美しく演出してくれる、最高品質の花。グリーンがかったホワイトだったり、深く甘いローズピンクだったり・・・。微妙な色合いもお手の物。貴賓溢れる上品な見せ方を自ずと知っているかのように、優雅に美しく咲いてくれます。
最高の証、花はもちろんのこと生き生きとした葉、強く伸びた茎、のびのびと這った根も見事な5つ星☆☆☆☆☆みずみずしい極上のバラ、それがローゼスフォーエバーの持ち合わせる魅力です。


 

この美しさは「手」にとった人にしか、伝わらない。
 

花には命が宿っています。それは大地と水と光という自然の恩絵をこぼさないために、カラダいっぱいで受けとめているから。その溢れんばかりの瑞々しさは、言葉や写真では表現しきれないほど、素晴らしく華やかで鮮明な輝きを持っているのです。



なぜ、デンマークの花は
愛されるのでしょう。


デンマークの森の中を歩くとき、私はいつもの私になる。
由緒ある国、デンマーク。見事なまでに自然と人との調和があり、そこに暮らしがあります。木漏れ日の優しい光の中で、様々な生命が生まれ、共存し、豊かな時間の流れの中でゆっくりと生命が育まれていく、めぐみ豊かな国。
そんな穏やかな空間の中でひときわ美しいコントラストを反映している花は、デンマークの古典的でモダンな日常に寄り添いながら、輝きを増していきます。


育てれば育てるほど、愛おしくなるバラ。
普段の



信頼関係から生まれる、
安定品質。
セントラルローズ生産主任 大西誠
弊社とローゼスフォーエバー社との関係・・・それは今から約15年ほど前、デンマークを訪れたとき、はじめてローゼスフォーエバー社を紹介されました。当時はローゼスフォーエバー社も発足したばかりで、まだまだ小さな生産会社でした。社長のHARLEY、育種家であり奥さんのROSAは心易く私を出迎えてくれました。それ以後、幾度となくフォーエバー社を訪問する度に、新品種の紹介や栽培技術等を指導してくれたのです。その間にフォーエバー社と私どもセントラルローズ社との間に固い絆が構築され、色々な面で交流が深まってまいりました。現在ヨーロッパでは、ローゼスフォーエバーの人気は急上昇で、かなりのシェアを示すほどとなり、日本一の弊社セントラルローズ社との信頼関係から生まれる新しいバラの世界が、これから広がっていくことでしょう。