バラを育て始めるとよく耳にするのが「バラって難しいよね」の一言。
どんどん葉っぱや株の状況が悪化し「やっぱりバラは病気に弱いのね…」と、早々に諦める方も多くいらっしゃるのでは!?

それもそのはず。ミニバラにとって大敵の病害虫は、私たちには見えない所でも活動を続けているので、 注意深く観察しないと見落としてしまいます。

例えばハダニ。葉の裏にも卵を生みつけるため、気づく頃には葉っぱはかすり状に なってしまい、光合成をする葉が阻害され機能不能になります。

この様に基本的にバラに害を及ぼす病害虫は大変小さいため、発見が遅れがちと なり、その結果「あれ?」と気づく頃には、すでに症状はかなり進行していることも。 こうして一度病害虫に侵された後、みるみる間に症状が広がり手が付けられなくな った経験が頭から離れず、「何回育てても、バラは失敗しちゃうのよ」となるのです。


 


バラにとって大敵の病害虫。基本はそれらによる被害が広がる前に予防すること。 たったそれだけで、悩みが一気に解決します。 病気になってから薬剤を散布するのではなく、お手元にバラが届いてすぐ予防の 薬剤をシュシュっとする。 病害虫に侵される前に行っていただく【予防剤】の活用です。 このシンプルな対応をきちんと続けることで、 初心者の方でも、必ず「次のお花を咲かせる」ことが出来ます。 治療よりも予防。キレイなお花を保つために、常日頃から病害虫に負けない予防を することがミニバラを上手に育てる何よりの近道です。


ミニバラを育てる上で最も大切なことは、健康な葉っぱを保つこと。 例えば、根っこがお水の与え過ぎで根腐れを起こしている場合は、当然茎や葉も 比例して元気を無くします。 逆に根っこが元気な場合も、葉っぱが病害虫に侵されてしまうと葉緑体が破壊され た葉では充分な光合成を行うことが出来ず、結果、必然的に根も悪影響を受けます。 健全な根っこを保つために、より健康的な葉っぱを維持すること。 それこそが美しいお花を長く楽しむための、最大の秘訣なのです。


 


 
・バラにとって代表的な5つの病害虫

【ハダニ】   高温乾燥の時期、夏から秋にかけてが特に繁殖旺盛。
【うどん粉病】  葉っぱは真っ白、葉を波打ったように変形させ、生育不良に。
【アブラムシ】  春と秋に群生して発生。一気に増えるので大変。
【黒星病】     長雨で葉が濡れた状態が続くと感染し発症。梅雨時期に要注意。
【スリップス】  気温が高いときに多く発生。蕾の中にも入り込む。




病害虫に侵されてしまった葉は、光合成が出来なくなります。 下の写真のように悪化してしまうと、もう手遅れ。後戻りできません。

だからこそ葉がこのようになってしまう前に、薬剤でしっかり事前に予防することが大切。 症状が悪化してからの治療よりも、事前に予防することの方が簡単なのです。        バラに害を及ぼす病害虫。活動が盛んな時期はそれぞれですが、どの病害虫にも共通して言えることは、 それらには全て潜伏期間があること。そのため気付いた頃には時すでに遅しといった状況になってしまいます。 このように、油断していたらすでに感染していた!という         それを見逃さないためにも前もっての予防が何よりも大切で、確実に効果をもたらしてくれるのです。

 


  殺菌剤 … 病原菌に効果
  殺虫剤 … 害虫に効果
  殺ダニ剤 … ハダニに効果


 
※殺虫剤ではハダニに対しての効果が薄いので
 ハダニには殺ダニ剤が効果的です。

 


同じ薬剤を使い続けると病害虫がその薬剤の耐性を持ってしまい、徐々に効かなくなってしまいます。 これを抗体と言います。 それを防ぐためにも幾つかの異なる効果の薬剤をローテーションして使うことが大切。 ただし、銘柄が違う薬剤をただ交互に散布するのはNG!! 抗体を持たせないために、系統・成分の異なる薬剤をきちんと選び、それらを順に散布することで 効力の高い薬剤ローテーションとなり、実際に葉や株を健康に保ち続けることが出来るのです。





ローテーションの組み合わせもよくわからないし…

効果の優れた薬剤を選ぶのは、むずかしい。

だけど…バラ栽培は成功させたい!

 


 


生産者の知識を活かして、ローテーションを組み合わせたら、

きっとお喜び頂けるのでは。

 
私たち生産者は、日頃より専門の知識をもとにミニバラを生産しています。 ですが生産者の本当の願いは、皆さまのご家庭で 四季折々のミニバラをお楽しみ頂けること。 そのためには、正しい知識と具体的な 薬剤ローテーションをご紹介することが 必要ではないか… そんな想いから、この薬剤ローテーションは 生まれました。
 
ミニバラを知り尽くす、プロが厳選。
 
土の配合から温室内の液肥配合まで、ミニバラのことを全て 知り尽くしたセントラルローズの生産管理主任オオニシが考えた薬剤ローテーション。大学卒業後、北欧デンマークで4年間学び、いかに美しく健康的に薔薇を 咲かせるかを目標に掲げ、広大な温室管理を通し日々探究・ 改善を図る、ミニバラ生産のプロが考えました。 初心者の方にも使いやすい効果的な病害虫予防ローテーシ ョンを、誰よりもミニバラを知るプロが選んでいるので安心です。

■同じ系統の薬剤を繰り返し使っていると耐性が出来てしま うので、何でも散布すれば良いというわけではありません。
■5つの代表的な病害虫を寄せ付けないために、有効成分を 細かく分析。その上で、より高い効果を得られるローテーシ ョンが組んであります。
■希釈してご使用いただく上級者向けの薬剤ではなく、 まずは初心者の方にも使いやすいスプレータイプでセレクト しましたので、お気軽にお使い頂けると思います。